忍者ハットリくんみてたけど

給料日に給料袋をすられて困ったパパに

ハットリ君が記憶を呼び起こす催眠術的な忍法をかけ、

犯人の姿を紙に書き写すのだが、

顔がわかっただけでは犯人とは断定できないと指摘される。

しかし紙を何枚も使ってパラパラ漫画のように犯人がパパからスリを行う様子をみせて

ハットリ君はその顔を頼りに捜索を開始する。

刑法的にはそれで犯人を断罪するのは難しそうだなと思った。

そのあとハットリくんは犯人と対決して見事給料袋を奪い返すのだけど、

これも法律の自力救済禁止の原則に抵触してんなあと思った。